FC2ブログ

林道

標高の高い林道は、タンポポが花盛り。





林道って、山を切り崩して作っているから一般的には敬遠されがち。
昔は、この林道って山の価値を上げるために道路を通すという目的だった。
今は、林道とは言わず森林基幹道や管理道と呼ばれている。
そして、同じように山に道路を作っているのだが、目的は山の奥にある森林を整備する事によりCO2(二酸化炭素)削減に繋がるという環境保護なのだとか。
物は言いようだ。

だが実際に、木は定期的に整備してあげた方が良い。
木を、長い期間切らずに大木にしてしまうと、根が耐えきれずに倒れて死んでしまう事がある。
倒れる前に、定期的に整備してあげればそう事も無くなる。
それに、大木を切った後は次に生えてくるのも遅いのだそうだ。

木は、人間と違い手入れしてあげると何百年と生きる事も出来る。
そして、根を残して切ってあげると、新しく生まれ変わる事も出来る。
羨ましい限りだ。
手入れをしてあげる事により、山全体も元気になるという事だ。

でも、木を整備する事自体は良い事だが、道路が通る事により山へ入ってくる人が増える。
それにより、ゴミも増える。
これは、いくら看板を付けたとしても防ぎきれるものではない(泣)
下手すりゃ、タバコの吸い殻を捨てられ、それが山火事の原因ってこともない事はない。
道路が出来れば便利になるが、リスクもあるってことだ。

全部が良い事につながるってことはない。
でも、岩泉のように迂回路が少ない僻地は、こういった道路も必要な気もする。
人間中心で考えるとこうなるが、自然に生きている動物たちの事も考えると・・・・・。
難しい問題だ。


ご来店、まことにありがとうございます
ブログランキングに参加しています

今日もお越しくださった方、ついでと言ってはなんですが、


  ↑ここを“ぽちっと”応援クリック
   ヨロシクお願いします!
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

G3

Author:G3
ようこそリンのブログへ!
岩泉町周辺で起こった事を、片寄った観点でみたお話し。
思い出づくりに♪と続ける中年オヤジの日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア

ジオターゲティング
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR